FFmpeg APIの使い方(4): エンコード他

前回は、単にエンコードしただけですが、もう少しいじってみます。 固定フレームレート化 前回のコードだと、入力ファイルのフレームのptsをほぼそのまま使っていますが、フレームを増やしたり、減らしたり、順番を変えたりしたい場 […]

FFmpeg APIの使い方(3): エンコードしてみる

今回は、エンコードしてみます。設定する項目が増えるので少し大変です。 まず、エンコードするフレームを用意しましょう。前々回作ったデコードプログラムを少し変更して、フレームを用意します。 前々回のデコードプログラムのmai […]

ICFP Programming Contest 2017 参加記

皆さん、こんにちは! エンジニアの二木です。今回は ICFP Programming Contest (ICFPC) への参加記です。 フィックスターズとICFPC ICFPCとは国際関数型言語学会(The Intern […]

FFmpeg APIの使い方(2): シークやAVFrameなど

前回は、ただデコードしただけでしたが、今回はもう少しいろいろやってみます。 シーク ファイルの途中から再生したり、スキップしたりする場合、av_seek_frameでシークします。 [crayon-5a334e9c7dd […]

Linuxカーネルのテスト実行とデバッグ (2) :GDB編

QEMUをカーネルの開発に使うことのメリットの1つとして、GDBによるデバッグが簡単にできることがあります。これは、GDBのリモートデバッグ機能を使用します。リモートデバッグ機能は、もとをたどれば、別のマシンで動いている […]

FFmpeg API の使い方(1): デコードしてみる

FFmpeg APIの使い方を解説してみます。FFmpegは、様々な動画の変換に対応したツールです。コマンドラインからバイナリを叩くのもいいですが、ライブラリAPIを使えば、もっと色々なことができるようになります。ただ、 […]

SYCLを使ってOpenCLを単一ソースで書いてみる

OpenCLを書いている時、ホストとデバイスのコードが完全に分離していて連携しづらくてツライ・・・といった経験ありませんか?AMDのGPUに限るならHIPといった選択肢もあるのですが、OpenCLであってほしい場面はたく […]

仮想マシン上でWindowsデバイスドライバをデバッグする

はじめに 前回までは、簡単なデバイスドライバを作成し、DbgPrint関数によるログ出力だけでドライバの基本動作を確認するというものでしたが、今回は本格的なカーネルデバッグを行うための手順について紹介します。Window […]

ディリクレ過程混合モデルによるクラスタリング(実践導入編)

前回の続きから 前回、前々回でディリクレ過程混合モデルによるクラスタリングの手法について見てみました。今回は、実際にデータを使ってクラスタリングしてみたいと思います。前回の最後にクラスタリングの具体的手順を記載したのです […]

論文「Unsupervised Monocular Depth Estimation with Left-Right Consistency」を読んでみました (3):学習方法編

前回の続きとして、monodepthの学習に関して簡単にまとめたいと思います。 目次 速度 ハイパーパラメータなど Augmentation 学習済みモデル 速度 学習速度 3万枚の画像を50 epoch学習するのにTi […]