キーボードの数字と記号を入れ替える

数字を入力するよりもカッコを入力することの方が多い皆様へ

 

この記事では、Keyhac – Pythonによる柔軟なキーカスタマイズツール を使い、キーボードの数字キー(テンキーでは無い方)について、Shift キーの機能を入れ替えて、Shift キーを押していたら数字、押していなかったら記号を入力する方法を紹介します。Ctrl などが押されているときは入れ替わらず、Ctrl+1 などのショートカットキーはそのままです。

Windows 日本語配列キーボードを対象にしますが、Keyhac は英語配列や Mac にも対応しているので、同じ要領でできるだろうと思います。

まず、Keyhac のドキュメントに従って、インストールを行い、カスタマイズを開始します。
config.py を編集していくわけですが、デフォルトでは、サンプル的に様々な設定が有効化されているので、好みで削っておきます。
keymap.defineWindowKeymap() を呼び出している行を探して、次の内容を追加します。

これで、(すくなくとも Windows + Google日本語入力では)IME でも入れ替えが有効になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です