ソフトウェアパイプライン (SWPL) を、Don’t Repeat Yourself で書くというお話です。 サンプルとして次のプログラムを考えます。